アマンジオ(ジョグジャカルタ)体験記 <その1>

rs1159_amankila-lpr

―ボローブドール遺跡観光―

遺跡などにあまり関心のなかった私ですが、今回はちょっと変化がありました。ボロブドールに行ったことのある人たちからも「まあ、遺跡すごいけど。人が多いし、暑いし、疲れるよ。」という意見だったので。 実際に訪れてみると。。。暑くない→早朝だから。人が少ない→限定の早朝ツアーだから。疲れない→専用車だから。たしかに早朝4時半起床はつらいけど、出発前にはロビーにコーヒーやジュース、パンなども用意してくれ、ちゃんとお見送りしてもらえます。 限定ツアーなので数人でボロブドールを占領し、ゆったりと朝日が昇るのを待ちました。ひとつひとつの仏教レリーフもゆっくり見て、朝もやの中なんだか幻想的な気分です。 これだけ集中して見られれば、興味もわきます。たまたまでしょうがドライバーさんが、ひとつひとつのレリーフを説明してくれました。そして一般客が入場する前にさっさと退却。敷地内のマノーラホテルでお茶とお菓子をいただいて、ホテルへ戻ります。 アマンジオお勧めの 早朝ボロブドールツアー。モーニングコールでばっちり起こしてくれます。 ボロブドールやエレファントライド以外にもアマンジオでは楽しいプランがたくさん用意されています。ホテルの裏にある小高い山へのトレッキング(トレッキングシューズも靴下も用意してもらいましたが)のはずが、なまけもので4WDでのオフロードドライブにしました。 歩いたのは10分程度です。体力派はトレッキングでどうぞ。頂上にバレがあり、夕日を見ながらアマンジオを見下ろしカクテルやおつまみをいただきます。となりの岩には猿たちが。これまた絵を書きました。 また、地元の村へダンスを見に行く、お料理教室、プライベートバーベキュー、アンティーグショッピングなどのさまざまな希望がかなえられます。ショップにもセンスの良いものが多かったです。もちろんジャワのバティックなどはかなりよいものがありました。 ホテルの景観やインテリアなどハード部分がすばらしいのはもちろんですが、各お部屋に絵の道具があったり、書いた絵をライブラリーのノートに貼ってくれたりと、もっとこわもて(?)なイメージのホテルだったのが覆されました。 大人のリゾートなのはもちろんですが、素直に童心にもどってくつろげる場所です。

お問合せ先:株式会社クラブワールド

〒150-0021 東京都渋谷区恵比寿西1-32-26 ヒルクレスト代官山 202号室
東京都知事登録旅行業第3-5481号
一般社団法人日本旅行業協会正会員

営業時間 平日10:00~18:00
休日 土日、祝日
問い合わせ先電話番号 03-6416-3705(平日/10:00~18:00)

旅行企画・実施:株式会社PINK
〒150-8010 東京都渋谷区渋谷2-12-19 東建インターナショナル 9F
登録番号 観光庁長官登録旅行業第1861号
加入旅行業協会 一般社団法人日本旅行業協会正会員

お電話のお問い合せはこちら

03-6416-3705

メールでのお問い合せはこちら

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。